はだしのゲン

商品カテゴリー: , , 商品タグ:

説明

食糧も何もかもが不足していた戦時中、中岡元少年は両親と四人のきょうだいたちと暮らしていた。平和を強く訴え、それを疎ましく思う町内会長たちに嫌がらせをされても「非国民」と呼ばれても決して屈しない父を元は尊敬していた。時は昭和二十年、日本最後の砦、沖縄はまさに血の海と化していた。死の影は刻々と元たちの住む広島にも近づいていた。

作者(作画):中沢啓治
連載:1973.25号~1974.39号

コメント

X
タイトルとURLをコピーしました