【全8作品】2010年週刊少年ジャンプ新連載一覧

ジャンプまとめ

2010年に連載が始まったのは全部で8作品。過去のデータをみてみると新連載が10作品より少ない年は、2007年(平成19年)が9作品、創刊号の1968年(昭和43年)が7作品と今回の2010年が3回目にまります。

新連載の数が少ないにも関わらず、1年以上続いた作品は、ǝnígmǝ【エニグマ】のみでそれでも全56話という近年のジャンプでは短い連載期間でした。アニメ化された作品もありませんでした。そんな2010年の作品をみていきましょう♪

2010年週刊少年ジャンプ新連載

1. LOCK ON! / 土田健太
2. 詭弁学派、四ッ谷先輩の怪談。 / 古舘春一
3. メタリカメタルカ / 水野輝昭
4. 少年疾駆 / 附田祐斗
5. SWOT / 杉田尚
6. 逢魔ヶ刻動物園 / 堀越耕平
7. ǝnígmǝ【エニグマ】 / 榊健滋
8. LIGHT WING / 神海英雄




LIGHT WING/神海英雄

神海英雄先生による天使と悪魔の戦いをサッカーという観点から描いた挑戦作。神海先生はジョジョの奇妙な冒険のあらき先生のアシであり独特の世界観や言い回しはさすが荒木先生の弟子といったところ。

独特すぎるためか連載当初から早くもドベ入りするが、高校サッカー界最強と称される少年「あの人」の登場で主に2ちゃんねるを中心に大盛り上がりを見せる。刹那で忘れちゃった まぁいいかこんな試合おいあんた!! ふざけたこと言ってんじゃ…やめろ真っちゃん!!!

しかし奇しくも2011年12号に打ち切られてしまう。

帝条高校へ入学し、サッカー部で日本一を目指す天谷吏人。しかし、同じ帝条でも強豪の“私立”ではなく、弱小の“市立”に入学してしまった!? それでも吏人の思いは変わらない。全国制覇へ向けて、キックオフ!!

ǝnígmǝ【エニグマ】/ 榊健滋

榊健滋先生によるサスペンス・オカルトホラー作品。2010年に開始した作品で1番長く続いた作品。榊健滋先生は『すごいよマサルさん』や『ピューッと吹くジャガー』のうすた先生の奥さん。2010年は10年続いた『ピューッと吹くジャガー』が完結した年でもあります。現在はジャンプ+にて『ラブデスター』を連載しており夫婦共に同媒体で連載をしています。

灰葉スミオは普通の高校生…。だが、あるヒミツがあった。それは、未来を予知する才能「夢日記」!! 突然、謎の存在エニグマに集められた、スミオを含め独特な才能を持つという7人。運命の脱出劇が今、始まる…!!




ちなみに2010年はこんな年...

時事ネタ

  • 菅内閣が発足。
  • はやぶさ (探査機)が小惑星イトカワから地球へ帰還。
  • 根岸英一・鈴木章がノーベル化学賞を受賞する。
  • バンクーバーオリンピック開催。
  • チリ地震が起こる。

流行語

  • ゲゲゲの〜
  • いい質問ですねぇ
  • イクメン
  • AKB48
  • 女子会
  • 脱小沢
  • 食べるラー油
  • ととのいました
  • 〜なう
  • 無縁社会
  • 何か持っていると言われ続けてきました。
  • 今日何を持っているのか確信しました…
  • それは仲間です。



コメント

X
タイトルとURLをコピーしました