ゼロの白鷹

商品カテゴリー: , , 商品タグ:

説明

昭和二十年五月七日、鹿児島県鹿屋基地から沖縄方面の米機動部隊に肉弾攻撃をすべく、五機の零戦が飛び立った。一番機山吹建夫は、愛する妻つや子との束の間の再会の後、「君の命を守るためにぼくは死ねる。きみは、どんなことがあっても強く生きて欲しい。」と言い残して去った。本宮ひろ志が描く、戦争で散った男たちの物語!

作者(作画):本宮ひろ志
連載:1975.42号~1976.25号

コメント

X
タイトルとURLをコピーしました